妊婦さんが恐れる妊娠線とは…

妊娠おめでとうございます!妊娠すると様々な体の変化が起きますよね、その変化の1つに妊娠線というものがあります。そもそも妊娠線とは何か…妊娠に伴い、急激に大きくなるお腹に皮膚の伸びがついていけず皮膚が裂けてできる断裂跡のことです。スイカのような縞模様だったり、稲妻のような跡だったり。個人差がありますが主にお腹、太もも、バスト、二の腕、お尻などにできることがあります。できてしまった妊娠線は残念ですが完全に消すことは難しいとされています。

妊娠線ができやすい人の特徴、予防法はあるの?

もともと痩せていて小柄、多児妊娠、乾燥肌、経産婦、高齢出産、妊娠中の体重増加が激しい…などが挙げられます。一般的に有名な予防法は“予防クリーム”ですよね。沢山のメーカーが保湿クリームやオイルを使ってマッサージすることを提唱しています。その他に重要なことは“急激な体重増加を防ぐ”こと。お腹が急激に大きくなると皮膚がそれについていけずに裂けてしまいます、クリームやオイルを塗っていても防ぐことは難しくなってしまいます。それから“乾燥を防ぐ”ことも非常に重要になってきます。乾燥によって皮膚の痒みがおき、我慢できずに掻いてしまうとデリケートになっている皮膚を傷つけてしまい妊娠線ができてしまいます。

マイナスなことばかりではありませんよ

ケアをすることはもちろん大切ですが、必死になりすぎてストレスになってしまってはいけません。妊娠線がもしできてしまっても落ち込まないで下さい。赤ちゃんがお腹の中で頑張って大きくなった勲章でもあり、あなたが母親としてこの体に刻んだ命の証でもあります。正中線を赤ちゃんが通った道と言う人もいます。妊娠中は様々なことに過敏になったり、不安になったりすることが多いですよね。何より母親であるあなたが赤ちゃんと自分の体を一番に考えることが大切です。

妊娠線のクリームの成分に着目をするうえで、なるべく肌へのダメージの少ないものを選ぶことで、長期的なケアが可能です。